PCのメモリを増設する方法

PCの動作が遅いなと思ったことはありませんか。もちろん、PCの動作は、CPUの性能や使っているアプリケーションにもよりますが、メモリもPCの動作を決める大きな要因になっています。
メモリの増設方法というと、何かPCの専門家というか、PCについてのかなりの知識と経験を必要とするように感じるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。PCを分解するようなことはしません。スロット部分を開けるためにドライバーは必要でしょうが、それ以外は、USBに機器を差すのと実のところ大して変わることはないのです。
まずは、自分のPCのスロットはどこか、空きはあるか、メモリのタイプは何かを確認する必要があります。これらはマニュアルに書いてあるはずです。スロットに空きがなければ増設はできませんが、その場合でも、今あるメモリをより容量の大きいものに取り替えるという選択肢はあります。また、PCによって、メモリのタイプが異なります。違うタイプのものを差そうとしても物理的にできませんからPCが壊れることはありませんが、当然ながら使えませんから無駄になってしまいますので、これもマニュアルで調べてから購入するようにしましょう。
購入そのものも、別にパーツの専門店である必要は今やありません。家電量販店に行けば手に入りますし、もちろんネットショッピングでも可能です。増設時は、メモリは精密部品ですので取り扱い、とくに静電気に注意してください。PCの電源は切ったうえで、端子部に触れないようにしてきちんとはめ込むだけで完了です。